Amazon 出品制限カテゴリーに要注意!

 

どうも!アシダです(^^)

今回はAmazonで出品制限がされているカテゴリーについて解説していきます。

 

出品制限がかかっているということは、

制限を解除した人しか販売できないということなので、

この利点をうまく活用していきましょう!

 

 

 

出品制限カテゴリーとは

 

Amazonには出品制限がされているカテゴリーが多数存在します。

 

出品制限を解除することで出品可能になるので、

以下のカテゴリーは出品する予定が現状はなくても

先に解除しておくことをオススメします。

 

・コスメ

・服&ファッション小物

・ヘルス&ビューティー

・食品、飲料

・シューズ&バッグ

・腕時計

・ジュエリー

・ペット用品

 

セラーセントラルのテクニカルサポートから解除できるので

実際にやっていきましょう。

 

まずセラーセントラルにログインして、

ページ下部のサポートを受けるを選択します。

 

 

すると画面右に新しく検索小窓が出てくるので、

1番下のお問い合わせを選択します。

 

 

お問い合わせ一覧のAmazon出品サービス出品、商品情報を選択して、

 

 

次に商品登録の問題、および出品申請を選択します。

 

出品

 

出品1

 

するとこのように横に展開されるので、

商品登録または表示にチェックを入れます。

 

出品2

 

すると下に選択肢が出てくるので、

出品申請が必要なカテゴリーを表示し、申請するをクリック

 

出品申請

 

このように解除するカテゴリーが選べるようになるので、

ここから選択していきましょう。

 

このあとカテゴリーによって少し手順は違いますが、

指示に従って進めてもらえば解除できるかと思います。

 

仮に申請が通らなくても何度でも申請はできるので、

通るまで挑戦しましょう。

 

※出品制限を解除するのに請求書が必要な場合があります。

その場合は卸し問屋等の請求書が必要です。

 

 

出品制限ブランド(メーカー)

 

最近、Amazonでは大手メーカーの商品にも

出品制限が設けられるようになりました。

 

これは主に新品商品に該当する出品制限ですので、

中古商品は大手メーカーの商品でも出品することができます。

 

出品制限メーカー一覧

 

SONY、CASIO、BROTHER、GOPRO、ENGOBABY、EPSON、DJI、

PANASONIC、CANON、NIKON、RICOH、PENTAX、SIGMA、

Abercrombie & Fitch、BenQ Japan、TAMRON、FUJIFILM、Hoppetta、

OLYMPUS、COACH、CAPTAIN STAG、Vivienne Westwood、NEW BALANCE、

FENDI、TORY BURCH、Polo Ralph Lauren、TIFFANY、GOYARD、

CK CALVIN KLEIN、A BATHING APE、CHAN LUU、RAY-BAN、BURBERRY、

Mila schon、TOMS SHOES、Giorgio Armani、HUNTER、LONGCHAMP、

MONCLER、PANERAI、Salvatore Ferragamo、NIKE、GUCCI、LeSportsac、

Ed Hardy、CANADA GOOSE、GUESS、VANS、Orobianco、IL BISONTE、

adidas、emu、Daniel Wellington、MARC BY MARC JACOBS、TOMS SHOES、

FJALL RAVEN、BOTTEGA VENETA、LOUIS VUITTON、Dunhill、Chloe、

Paul Smith、TATRAS、TOD’S、Christian Louboutin、MINNETONKA、

ショップジャパン、BOSE、Dior

 

主要メーカーから少しマイナーなメーカーまで、

これだけたくさんのメーカーに制限が入ったので、

新品だけを取り扱っている場合は各メーカーの出品制限を

解除しないと死活問題になってしまいます。

 

上記全てのブランドがすでに全て制限されているわけではないので、

自分のアカウントのどのメーカーが制限されているのか確認しておきましょう。

 

制限の解除には条件を満たしている請求書が必要で、その条件が以下です。

・180日以内の請求書

・出品者の名前、住所が記載されている

・メーカーまたは販売店の名前、住所が記載されている

・10点以上の商品が購入されている

 

これらの条件を満たした請求書があれば制限の解除ができるので、

必要な方は用意して解除申請をするようにしましょう。

 

 

最後に

 

出品制限カテゴリーやメーカー商品の出品制限、

Amazonの規約変更は年々厳しくなっています。

 

恐らくこれからも規制は厳しくなっていくと予想されるので、

僕たち出品者がAmaonで継続して販売をしていくには、

これらの規制に柔軟に対応していく必要があります。

 

しかしながら、今回の規制対象になったのは、

あくまでも新品の商品だけです。

 

中古の商品であれば問題なく出品することができます。

 

今まで新品の商品しか取り扱っていなかった人や、

初心者の方はこれを機に中古せどりにも目を向けていただけたらと思います。

 

僕自身、中古せどりをメインで行なっているので、

このように新品の規制があってもなんの問題もありませんでした(笑)

 

そして中古せどりは利益率も高く安定した収益をあげやすいです。

新品の規制に苦しめられるよりも中古せどりを実践した方が、

現状は稼ぎやすいので中古せどりをおすすめしています。

 

中古せどりについてはこちらで詳しく解説していますので、

合わせて確認してみてください(^^)

 

→中古せどりの魅力についてはこちら

 

現状維持は衰退という言葉があるように変化に適応し続けなければ、

稼ぎ続けることは難しいです。

 

規制に適応し稼ぎ続けるためにも学ぶことをやめず

しっかりと行動していきましょう!

 

今回は以上です。

 

疑問点、不明点などありましたらお問い合わせフォームより

お気軽にご連絡ください。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Amazon 低評価への対処法

Amazon 出品サービスに登録しよう!

Amazon 商品登録手順を1から解説!

Amazon販売手数料が割引に!

Amazonアカウントの健全性・顧客満足指数を理解しよう!

Amazon FBAとは?メリット、デメリットを合わせて解説!