稼ぐために必要な失敗しないための考え方

 

どうも!アシダです(^^)

今回はビジネスをするうえで大切なマインドのお話です。

 

考え方1つで行動、結果が変わってくるので、

しっかりとおさえていきましょう。

 

 

はじめに

 

このブログを読んでいるあなたは、恐らくせどりで稼いでいる

もしくはせどりで稼ぎたいと考えているはずです。

 

せどりで『ガッツリ稼いで専業になりたい』

『本業とは別で副収入がほしい』など、

なにかしらの目標を持っていると思います。

 

しかし目標をもっていながらも稼げずにやめてしまう人は少なくありません。

魅力を感じて始めてみたものの思うように仕入れができなかったり、

仕入れに行く時間がないなどの言い訳を作ってやめてしまったりするわけです。

 

同じことをしているのに稼げる人、稼げない人

なぜこうも結果がわかれてしまうのかその違い

思考(マインド)という点にフォーカスして書いていこうと思います。

 

『自分でやる』という意識をもつこと

 

せどりを含むネットビジネスを始めるということは

自分で事業を始めるということです。

 

誰にでも手軽に始められるのがネットビジネスです。

ですが、手軽に始められると言っても簡単というわけではないです。

 

実店舗をもってビジネスを行う場合、設備投資等に資金が必要になってきますが

ネットビジネスにはほとんど設備投資が必要ないので

手軽にビジネスを始められるというわけですね。

 

簡単に手軽に始められると言ってもビジネスはビジネスです。

自ら行動して事業を運営していかなければなりません。

 

自分で経営しているということを自覚し、

どのようにすればよくなるかを常に考える必要があります。

 

そのうえでコンサルティングなどを受けて人から教わることは効率的な方法ですが、

その人が稼がせてくれるという考え方では稼ぐことは難しいです。

 

そうは言っても、稼いでいる人のコンサルを受けて人から教わるということは、

稼いでいる人を『モデリングする』ということなので非常に重要です。

 

0の状態から独学で学ぼうとすれば、

多くの時間、労力が必要になってきますからね。

 

すでに稼いでいる人をモデリングすることで

ノウハウや考え方をしっかりとインプットすることができます。

 

しかしながら、インプットしただけでは結果は出ませんし稼ぐこともできません。

 

どれだけいいノウハウや考え方を知ったとしても

自ら行動しないことには現状は変わらないので

ノウハウをいかすだけの行動は必須です。

 

複数のノウハウに惑わされないこと

 

ノウハウコレクターと言われる人がいるように

稼げていない人に限って、ノウハウを必要以上にインプットしている

ということがよくあります。

 

せどりにも色々なノウハウがあります。

色々なノウハウがあるがゆえに1つインプットしては

他のノウハウをまたインプットして他の方法を試す、

ということを繰り返してしまいます。

 

しかしほとんどの場合、1点集中して今取り組んでいることで

結果を出すことに注力した方が効率的です。

最初に方向性を決めるのは慎重になるべきですが、

1度決めたら必要以上の情報を追いかけず突き進むべきです。

 

継続するということ

 

“継続できないから失敗する”

当たり前のことですが正しい方法で継続していれば

間違いなく稼げるようになります。

 

継続できないからいつまでたっても稼げないということです。

 

継続は力なり

 

なにごとにおいても継続なくして成功はありえませんし、

ネットビジネスにおいても同じことが言えるので

いかに継続できるかが重要です。

 

最後に

 

ビジネスをするうえでノウハウと同じぐらい大切なのがマインドです。

マインドという土台の上にノウハウを積み上げていくイメージです。

 

「必ず成功させてやる!」

「他人に出来て自分に出来ないハズはない!」

「学んだ物は全て実行して必ずレベルアップする!」

 

このような強い気持ちをもって自分を成功へと導いていきましょう。

 

今回は以上です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

時間は自ら作るもの!時間が足りないというのは言い訳である

習慣の力を利用して行動する

渋谷でパーティーに参加してきました!109に安室ちゃん!?

せどりが稼げる仕組みと全体像について

ビジネスマインドとは?ビジネスマインドで行動が変わる!?

実力者ほど数え切れないほど失敗を経験している