せどり 売上管理・価格改定を効率化! その名はプライスタ―!

 

どうも!アシダです(^^)

今回はせどり 売上管理・価格改定ツールの紹介をしていきます。

 

プライスターは機能面が充実しており、

使い勝手もいいので僕も愛用しているツールです。

 

 

 

売上管理・価格改定

 

せどりをするうえで仕入れ、販売と同じぐらい大切なことが、

売上管理価格改定です。

 

まず売上管理ですが、

これをしっかりしないと今どれだけ売り上げが上がっていて、

利益が残っているのか把握できません。

 

せどりも経営なので今の自分の経営状態を日々確認することで、

今後の課題や改善点が見えてくるので売上管理は大切です。

 

次に価格改定ですが、

商品の価格は日々変動しています。

 

最初は相場に合わせて出品していたのにいつの間にか相場が上がっていた、

この場合相場が上がった分だけ利益を取りこぼしてしまいます。

 

逆に相場が下がった場合は利益を取りこぼすことはないですが、

基本的には最安の物から売れていくので商品の売れ行きが悪くなってしまいます。

 

特に新品の商品は価格の変動がよく起きるので、

こまめな価格改定が必要になってきます。

 

 

 プライスタ―とは?

 

売上管理、価格改定の重要性はわかっていただけたかと思います。

 

ですが、1つ1つ価格改定をするのは大変ですし

商品数が多くなるにつれて売上管理、価格改定ともに

どんどん時間と労力が必要となってきます。

 

これを効率化するために僕も愛用しているツールがプライスタ―です。

機能面も充実していてPC、スマホでも使えるので非常に便利なツールです。

 

→プライスタ―利用登録はこちらから

 

purai

 

このプライスタ―の主要機能が以下のものです。

 

・自動価格改定

・売上管理

・出品機能

・在庫管理

・評価依頼メール

 

1つのツールでここまで管理できるツールは

プライスタ―ぐらいだと思います。

 

では、実際にプライスタ―の管理画面を開いて説明していきます。

 

puraisu1

 

ログインするとTOP画面がこのように表示されます。

 

ここを見るだけで、

販売数、売上金額、仕入れ金額、送料入金、Amazon手数料、粗利金額、

平均売上数/日、平均売上単価/個、ポイント、利益率、

これらが一目でわかるようになっているので非常に便利です。

 

期間を指定することで細かい絞り込みもできます。

 

さらに下にはカテゴリーごとの売上推移が表示されているので、

どのカテゴリーの商品がどのくらい売れているのかの確認が簡単にできます。

 

puraise

 

次に少し見にくいですが、

赤丸で囲った3つの項目を順番に説明していきます。

 

まず出品するにカーソルを合わせると、

・自己発送で出品する

・FBAで出品する

・FBA商品の配送を行う

・FBA配送リスト

・CSVファイルで出品する

・出品コメントを設定する(自己発送)

・出品コメントを設定する(FBA)

・ブラックリスト商品を設定する

これだけの項目が表示されます。

 

今回は普段よく使うFBAで出品する

選択して出品の仕方を説明します。

 

セラーセントラルから登録するよりもはるかに

簡単ですのでこの機能はオススメです。

 

puraisuta

 

キーワード、JAN、ASINの3つから選択して

出品する商品の該当するもの入力します。

検索を押すと下に商品が表示されます。

 

検索を押す前に状態、仕入れ値などを入力すると

入力したものが反映された結果が表示されるので

最初に入力しておくとスムーズです。

 

出品する商品が表示されたら必要事項を入力して完了です。

 

最低価格のところにカーソルを合わせると現在の新品、中古の出品価格が

一覧で表示されるので相場の確認が簡単に行えますし

仕入れ価格を入力することで粗利も計算してくれるので、

FBA料金シュミレーターを使う手間も省けます。

 

1番重要なのが右端の価格の自動変更です。

FBA状態合わせ、状態合わせ、FBA最安、最安、カート価格、しない

これらを商品ごとに設定することで価格改定を自動で行ってくれます。

 

出品する商品をすべて入力したら、

1番下のFBAで出品するを押して完了です。

 

このあとの作業はとくに難しいことはないので割愛します。

 

次に出品したものを見るにカーソルを合わせると、

・すべての商品を見る

・自己発送の商品を見る

・FBAの商品を見る

・在庫の棚卸をする

 

ここから在庫管理ができます。

さらに棚卸もできるので年末の作業もここから行えます。

 

最後に売れたものですが、

その名の通り今月売れたものが一覧で表示されます。

 

期間も選べるので過去に売れたものの確認もできます。

 

評価依頼メール自動送信機能

 

評価依頼メールは最初のうちは注文商品数も少ないので、

手動で送っていてもそれほど手間ではないですが、

注文商品数が多くなるにつれなかなか大変な作業になっていきます。

 

そこでプライスターのこの機能を利用することで、

購入された商品全てに対して購入者への評価依頼メールを

自動で送信してもらうことができるので非常に便利です。

 

 

ログイン画面の右上に上記画像の赤く囲ったマークがあるので、

その中の項目のサンクスメールの項目を選択します。

 

 

すると上記のように設定画面が出てくるので、

上から順番に設定をしていきましょう。

 

0、Amazon側の設定をする

こちらは簡単に設定できるので右の設定方法を見るを確認して

これを見てから設定をしていきましょう。

 

1、サンクスメールの内容と配信タイミングを調整する

こちらに実際に自動で送信する評価依頼メールの内容を記載していきます。

 

まずは件名を決めましょう。

こちらはシンプルなもので問題ないです。

 

次にメール本文を記入していきます。

置き換えコードを利用することでお客様のお名前や商品名が

自動で入力されるのでうまく利用して本文を作成しましょう。

 

1つ例文を載せておくので、こちらも参考にしてみてください(^^)

『{buyer-name}様

この度はアマゾンマーケットプレイスにて当店をご利用
ご注文いただきまして誠にありがとうございます。

ご注文の商品は問題なく
お受け取り頂けましたでしょうか?

■ ご注文内容はこちらです
{orders-item-list}

商品が無事にお手元に届いておりましたら、
大変お手数かとは存じますが、
下記より評価のご協力をお願いします。

こちらよりお願いします。→ http://www.amazon.co.jp/gp/feedback/leave{amazon-order-id}

また、万が一商品に問題がございました際には、
アマゾンマーケットプレイスの規約に沿って
配送状況の確認、返品・返金などの対応をさせて頂きますので
評価前に下記のお問い合わせフォームよりご連絡くださいませ。

お問い合わせフォームはこちらです→ https://www.amazon.co.jp/gp/help/contact-us/general-questions.html

この度は当店をご利用頂きまして、
本当にありがとうございました。

またのご利用を心よりお待ちしております。』

 

最後に配信のタイミングを設定します。

「発送完了してから○日後に配信する」というのが自分で設定できます。

これは早すぎると、商品が発送されていても

購入者がまだ受け取っていないかもしれないので、

その状態で評価依頼メールが来ても評価をしてくれなかったり

悪い評価にも繋がるかもしれないので注意が必要です。

 

逆に遅すぎると、評価はもらいにくくなってしまいます。

ですので、発送完了から2or3日後がおすすめです。

 

 

ここまで紹介したのがプライスタ―の主要機能ですが、

他にも便利な機能はあるのでご自身で試してみてください。

 

これだけ色々な機能が付いているプライスタ―の利用料ですが、

初月30日間無料、翌月以降4800円で利用できます。

 

ですので、まず使ってみてください。

 

プライスタ―利用登録はこちらから

 

 

まとめ

 

売上管理、価格改定ツールのプライスタ―が

どのようなツールか理解していただけたかと思います。

 

非常に優秀なツールなので月額利用料を払うだけの価値は十分あるので

上手く使いこなして効率化していきましょう。

 

今回は以上です。

 

疑問点、不明点などございましたら、

お問い合わせフォームよりお気軽にご連絡下さい。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

せどり 手数料計算ツール Amafeeの使い方について

モノレートの使い方を徹底解説!

電脳せどりツール フリマウォッチの使い方を解説!

電脳せどり 無料ツールで効率化を!

FBA料金シミュレーターの使い方を徹底解説!

せどり バーコードリーダーの使い方を解説!