家電量販店せどりのリサーチポイントを徹底解説!

 

どうも!アシダです(^^)

 

今回はみなさん1度は買い物に訪れたことのある

『家電量販店』のリサーチポイントについて詳しく解説していきます。

 

家電量販店には大量の商品があるので、

全ての商品をリサーチしようと思うと膨大な時間が必要になってきます。

 

全ての商品のリサーチは膨大な時間が必要になってきますが、

せどりを始めたばかりの人は商品知識をつけるためにも

全ての商品を1度はリサーチした方がいいです。

 

リサーチに慣れてきたら効率よくリサーチを行うためにも、

店舗ごとのリサーチポイントをおさえていきましょう!

 

それでは店舗ごとに順番に解説していきます。

 

 

YAMADA電気 せどり

 

 

まずはみなさんご存知のYAMADA電気について解説していきます。

YAMADA電気は全国47都道府県全てに店舗がある家電量販店です。

 

全国に店舗展開しているということは、

“どこに住んでいても仕入れをしに行くことができる”

ということなのでしっかりとポイントをおさえましょう。

 

まず、YAMADA電気にはLABI、テックランド、アウトレット館があり

それぞれに特徴があります。

 

LABIは都市型の大型店舗で主要な駅の近くにある店舗です。

テックランドは郊外にある店舗でそのほとんどがテックランドです。

アウトレット館はその名の通り各店舗での不良在庫や展示品などの

アウトレット品が集まった店舗です。

 

アウトレット館は仕入れがしやすいですが、

全国にあるわけではないので近隣にあるかどうか確認してみてください。

 

 

それでは次にYAMADA電気のリサーチポイントについて解説していきます!

 

YAMADA電気のリサーチポイントは、

値札の最後についているアルファベットです。

 

 

この赤丸で囲ったEのマークこれは『廃盤商品』の印で、

YAMADA電気ではこのマークのついている商品が利益の出やすい商品です。

 

YAMADA電気のリサーチポイントはこれだけなので、

このEのマークのついた商品は全てリサーチするようにしましょう!

 

商品数が多いのでそれだけでも1店舗リサーチするのに数時間はかかりますが、

それが当たり前のことなので徹底してリサーチしてください。

 

YAMADA電気は家電量販店ですが、

“それ以外の商品”もたくさんあるので

見落とさないようにしましょう(^^)

 

 

YAMADA電気 セール、決算月

 

YAMADA電気には不定期にセールを開催している店舗があります。

 

その中でも日替わりセールは仕入れがしやすい傾向にあるので、

店舗のセール情報はおさえるようにしましょう!

 

セール情報を仕入れるにはシェフー(Shuhoo!)という

無料アプリがおすすめですのでダウンロードしてみてください。

 

YAMADA電気だけでなく他の店舗のセール情報も

調べることができるので非常に便利です!

 

Shuhoo!公式サイト、ダウンロードはこちら

 

 

合わせて覚えておきたいのが決算月で、

YAMADA電気の決算月は3月です。

 

全体的に商品が安くなるので覚えておきましょう!

 

 

YAMADA電気 家電フェア蚤の市

 

YAMADA電気では年に6回大型の家電フェアを実施しています。

 

それが蚤の市というものです。

 

開催場所は、北海道・横浜・名古屋・大阪・福岡・前橋の6ヶ所で

毎年1回2日間に渡って開催されています。

 

一般の人やせどらー、中国のバイヤーなどが集まり

数百万単位で商品を購入していくようです。

 

開催日時はYAMADA電気のホームページで調べるか

株主の方には優待案内があるので興味がある方は調べてみてください。

 

 

K’sケーズデンキ せどり

 

 

K’sケーズデンキも全国展開する家電量販店で、

全国に482店舗あります。

 

店舗数、商品数も多いのでYAMADA電気と同様に

しっかりとリサーチすることで利益の出る商品を見つけることができます。

 

K’sケーズデンキもYAMADA電気と同じで

リサーチポイントは値札になってきます。

 

 

上記の画像の赤丸で囲ったアルファベットに注目してください。

この値札のAGが書いてあるところがXR. YR. WR. XY. YY. WYのいずれかに

なっていればそれが廃盤商品の印です。

 

ですので、

K’sケーズデンキではこのアルファベットのついている

商品をリサーチしていきましょう!

 

K’sケーズデンキでは値札の色にも秘密があるのでリサーチする際は

どういった意味があるのか考えてみてくださいね(^^)

 

 

現金値引きに特化している

 

 

ケーズデンキの特徴として他の家電量販店とは違い

現金値引きに特化しています。

 

会員登録をすることで、

『ケーズデンキ安心パスポート』を手に入れることができます。

 

値引き交渉にも柔軟に対応してくれるので

しっかりと値引き交渉をするようにしましょう!

 

仮に10%の値引き交渉に成功したとすると、

それだけで10%利益を上乗せできます。

 

たった10%と思うかもしれませんが、

10%を積み上げていくことで長い目で見ると

大きく利益が変わってくるので頑張ってやっていきましょう!

 

 

ケーズデンキ セール

 

ケーズデンキの決算月は3月です。

 

ヤマダ電機と同様に全体的に商品が値下げされるので

仕入れが有利に行える時期です。

 

廃盤品なども同時に値下げされているので、

先ほどお伝えしたリサーチポイントをしっかりとおさえて

リサーチしていきましょう!

 

年末年始もセールを行なっているので、

チェックしてみてください。

 

 

コジマ せどり

 

 

コジマ電気は全国140店舗を展開する家電量販店で、

2012年にビッグカメラと合併しコジマ ビッグカメラになりました。

 

店舗数は全国的に見ると少ないですが、

仕入れができないということではないので見逃さないようにしましょう。

 

コジマ電気のリサーチポイントは、

値札についているマークです。

 

 

 

上記の画像の赤丸で囲った『▲』このマークが廃盤商品の印です。

 

少しわかりにくいですが、

このマークのある商品は全てリサーチするようにしましょう!

 

コジマ セール

 

コジマ電気の決算月は8月です。

 

時期が夏ということで夏物の季節家電の廃盤品が

安くなっていることがあるので狙い目になってきます。

 

年末年始にもセールを行なっているので、

確認してみてください。

 

コジマ電気は値引き交渉が難しく、

価格も高めなのでリサーチをスルーしているライバルが多いのです。

 

ですので、あえて時間を使ってリサーチしてみることで

仕入れしやすい店舗が見つかるかもしれないので

時間がある時にでも店舗開拓してみてください。

 

 

EDION(エディオン) せどり

 

 

エディオンは全国の家電量販店の中で

最大の店舗数を展開していて

なんとその数1185店舗!!

 

これだけ店舗数があるので仕入れのできる店舗、

仕入れがしにくい店舗と別れてくるので、

店舗リサーチも必要になってきます。

 

 

 

エディオンの値札はアルファベットやマークなどの

廃盤品の印がないのでセール品や在庫処分品、

展示処分品などのPOPをリサーチするようにしましょう!

 

 

エディオン セール

 

エディオンの決算月は3月です。

年末年始から決算月までは仕入れのしやすい時期ですので

しっかりとリサーチしていきましょう。

 

特にこの時期は商品の価格が頻繁に変わる傾向があるので、

こまめにリサーチをしたり、値引きのタイミングを店員さんに確認したりすると

ライバルより早く商品を仕入れることができるようになるので効果的です。

 

 

まとめ

 

家電量販店は全国各地にたくさんの店舗があります。

 

そしてどの店舗も圧倒的な商品数でリサーチを始めたばかりのときは

店舗のどこからリサーチしていけば良いか戸惑うかと思います。

 

店舗ごとに違った特徴がありますし、

見るべきポイントも違ってきます。

 

ですので、今回解説したリサーチポイントを覚えて

しっかりとリサーチを行っていただけたらと思います(^^)

 

家電量販店だからといって家電製品だけを見ていてはいけませんよー(笑)

 

“広い視野”を持って行動していきましょう!!

 

今回は以上です。

 

疑問点、不明点などございましたら、

お問い合わせフォームよりお気軽にご連絡下さい。

 

最後までご覧いただきありがとうございます(^^)

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

名古屋のリサイクルショップで店舗せどりをしてきました!

中古 せどり(中古物販)のすすめ

せどりの仕入れ基準は十人十色!キャッシュフローを意識しよう!

ドン・キホーテせどり!驚安の殿堂を攻略しよう!

Yahoo!リアルタイム検索の使い方、せどりに活用する方法も合わせて解説!

せどりに梱包は必須!オススメ梱包資材紹介!