『せどりジャンル』家電・カメラ・AV機器について徹底解説!

 

どうも!アシダです(^^)

今回は家電・カメラ・AV機器について解説していきます。

 

 

 

家電製品について

 

基本的に全国にある家電量販店で売っている、

電化製品がこのジャンルに該当します。

 

例えば、電子レンジ、炊飯器、加湿器などの生活家電、

スピーカー、ウォークマン、ipodなどのオーディオ家電、

ドライヤー、電気シェーバーなどの美容家電、

ひとくくりに家電といっても種類は豊富ですね。

 

家電商品に関しては、

次々に新しいものが出てくるので、

その都度型落ち商品もでてきます。

 

この型落ち商品が狙い目で在庫をもっている家電量販店では、

在庫処分として安売りされていることがよくあります。

 

型落ちだからといってネット価格が必ずしも下がるということはないわけで、

値下げされた分しっかりと利益を取ることができます。

 

こういった商品を見つけたときは、

在庫が複数あるか、他店舗の在庫状況、再販や増産

これらを調べることで1つの商品を集めることができますね。

 

特に、再販や増産のない商品は市場に出回ることがなくなるので、

集めれるだけ集めてしまっても値下がりリスクも少なく安定して販売できます。

 

この考え方はどのジャンルでも共通していえることなので、

しっかりと覚えておきましょう。

 

最後に有名な商品を1つ紹介しておきます。

家電 家電2

ipod classicは鉄板商品で、

中古で安く売られていたらチャンスです。

 

カメラ

 

カメラは種類も多く、

高価なものから低価格の物まで様々です。

 

新品のカメラを仕入れられるということは、

なかなかないですが、中古のカメラやビデオカメラは

安く売られていることがあるのでこういった物が狙いになってきます。

 

中古のカメラで注意しないといけないのは、レンズの傷です。

しっかりと状態を確認してから購入するようにしましょう。

 

 AV機器について

 

AV機器とはTV、DVDレコーダー、Blu-rayレコーダーなどの商品です。

こちらのジャンルも新品の商品はなかなか仕入れられないかもしれませんが、

中古に関してはよく仕入れられます。

 

例えばこのような商品です。

レコーダー レコーダー2

 

古いものでも需要はあるので、

なぜ需要があるのか考えることで仕入れの幅が広がっていきます。

 

大型商品に含まれるものが大半なので、

FBAを利用する場合は注意が必要です。

 

大型ゆえに避けている人が必ずいるので、

あえてそこを狙っていくのもいいと思います。

 

まとめ

 

今回解説したこと全てに共通してくるのが、

型落ち商品です。

 

新品の場合しっかりとリサーチをして型落ち商品が見つかったら、

複数個集めるこれを意識してやっていきましょう。

 

中古に関しては商品の状態確認、

付属品の有無が重要になってくるので

しっかりと確認するようにしましょう。

 

今回は以上です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

『せどりジャンル』ホーム&キッチン、DIYについて徹底解説!

『せどりジャンル』ファッション・バッグ・腕時計について徹底解説!

『せどりジャンル』パソコン、周辺機器・オフィス用品について徹底解説!

『せどりジャンル』食品・飲料について徹底解説!

『せどりジャンル』ゲーム機・ソフト・周辺機器について徹底解説!

『せどりジャンル』おもちゃ・ホビー・ベビーについて徹底解説!