Amazon 評価の重要性と獲得方法

 

どうも!アシダです(^^)

今回はAmazonアカウントの評価の重要性、

評価の獲得方法について解説していきます。

 

アカウントを強くするためにも評価を集めるようにしましょう!

 

 

 

評価の重要性

 

Amazonで販売をするうえで忘れてはいけないのが、

商品購入者から評価をもらうことです。

 

Amazonの評価基準は☆1〜☆5までの5段階評価で、

☆5=非常に良い

☆4=良い

☆3=普通

☆2=悪い

☆1=非常に悪い

このように分類されます。

 

ここで注意して欲しいのが、

☆1〜☆3まではAmazonのシステム上低評価に分類されるということです。

 

ですので、僕たち出品者は購入者から☆4.☆5の高評価をもらう必要があります。

 

では、なぜ評価をもらうことが大切なのかというと、

カート取得率、購入率に影響してくるからです。

 

→カート機能、購入率に影響してくる出品価格の考え方はこちら

 

購入率に影響してくるというのは、

単純に評価数が少ない出品者から購入するよりも、

評価数が多い出品者から購入する方が安心して購入できるからですね。

 

Amazonで販売をはじめたばかりで評価も付いていない状態だと

新規出品者として下の画像のように表示されます。

 

hyouka

 

もしこの3人の出品者が同じコンディションで同じ値段だとしたら、

真ん中の評価数、評価率の高い出品者から購入しますよね。

 

ですので、新規出品者のままでは厳しいので販売をはじめて商品が売れたら

購入者に評価依頼を出して評価をもらうようにしましょう。

 

 

評価の獲得方法

 

では、どのようにして購入者から評価をもらうのか解説していきます。

 

まずセラーセントラルにログインして、

注文から注文管理を選択します。

 

すると直近の注文一覧が表示されます。

上から順に注文された商品が並んでいて、

商品名の下に購入者に連絡する:名前が書いてあるのでそこをクリックします。

 

hyouka1

 

すると上記のように表示されるので、

赤線を引いた件名の選択から評価リクエストを選択して、

下のBOXに送る内容を入力しましょう。

 

入力が終わったらEメールを送信を押して完了です。

 

評価リクエスト文を作成する時に注意することは、

Amazonの評価基準を購入者にお伝えすることです。

 

購入者は☆3=普通の評価を低評価と認識していないことがほとんどなので

Amazonの評価基準をお伝えすることで、

☆3の評価が低評価だとわかってもらうことができます。

 

これをするだけで購入者が商品に満足していれば、

高評価である☆4.☆5の評価をもらいやすくなるので

文面に記載するようにしましょう!

 

そして、購入者への評価依頼メールは何度も入力していては時間がもったいないので

定型文として1度しっかりと文章を作ってしまってメモなどに保存しておいて、

次からはそれをコピーして張り付ければ終わりという状態にしておきましょう。

 

 

まとめ

 

評価の重要性と評価の獲得方法について理解していただけたかと思います。

 

最初のうちはめんどうな作業ですが、

まずは100評価集めるまでは続けてください。

 

100評価あれば低い評価をもらったとしても、

全体のパーセンテージがそこまでさがらなくなります。

 

100%良い評価のままを維持することは難しいですが、

90~95%を保っていれば問題ないのでここを目指してやっていきましょう。

 

特にカート機能のない中古商品では、

評価で購入する方もいるので評価率、評価数は重要になってきますので、

頑張って良い評価を増やしていきましょう。

 

補足として、

自動価格改定ツールのプライスターを使うことで、

購入者への評価依頼メールを自動で送ることができます。

 

プライスターは価格改定機能以外にも売上管理、出品機能などの

便利な機能が利用できるのでせどりをする上で非常に便利なツールです。

 

僕も愛用していますので興味のある方はこちらから確認してみてください(^^)

 

→価格改定・売上管理ツール プライスター

 

今回は以上です。

 

疑問点、不明点などございましたら、

お問い合わせフォームよりお気軽にご連絡下さい。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Amazon FBAとは?メリット、デメリットを合わせて解説!

FBAパートナーキャリアの新料金が判明!?

Amazon 出品制限カテゴリーに要注意!

カート機能とは?出品価格の考え方を徹底解説!

せどり 自己発送?FBAとの違いとは?

簡単に他出品者の在庫を確認する方法を伝授!