Amazon利用時の手数料について

 

どうも!アシダです(^^)

今回は各種手数料について解説していきます。

 

Amazonで販売を行うには各種手数料が必要になってくるので、

なににどれだけの手数料が必要なのか確認していきましょう!

 

 

販売手数料とは?

 

まずはじめに販売手数料について解説します。

これはその名の通りAmazonで商品を販売するために必要な手数料で、

自己発送、FBAどちらを利用する場合でもかかってきます。

 

こちらが販売手数料一覧です。(別途手数料に消費税がかかります。)

 

商品のカテゴリー

販売手数料

書籍、雑誌、その他出版物

15%

CD&レコード

15%

ビデオ

15%

DVD

15%

TVゲーム

15%

PCソフト

15%

エレクトロニクス

10%

カメラ

8%

パソコン・周辺機器

8%

(エレクロニクス商品、カメラ商品、パソコン・周辺機器)
アクセサリー

10%、もしくは50円のいずれか高い方 

Kindle アクセサリ

45%

楽器

8%

オフィス・文房具

15%

ホーム(家具・インテリア・キッチン)

15%

ホームアプライアンス(小型白物家電)

15%

大型家電

8%

DIY・工具

15%

おもちゃ&ホビー

15%

スポーツ&アウトドア

15%

カー&バイク用品

15%

ベビー&マタニティ

15%

 

上記の表を見ていただけたらわかるように、

カテゴリーごとに手数料が違います。

 

ほとんどのカテゴリーが15%で、

カメラ、パソコン・周辺機器、楽器、大型家電が8%なので

これらは手数料が少しお得ですね。

 

補足としてTVゲームの販売手数料は15%になっていますが、

ゲーム機本体のみ8%になっているので覚えておきましょう。

 

カテゴリー成約料とは?

 

次にカテゴリー成約料について解説していきます。

 

手数料

 

書籍、CD、DVD、Blu-rayといった『メディア系』と呼ばれるものを

取り扱う場合にかかってくる手数料です。

 

ですのでこれらを販売する場合は、

販売手数料+カテゴリー成約料がかかってくると覚えておきましょう。

 

手数料計算の例

 

例①、10,000円でカメラを販売する場合

10,000ー800(販売手数料8%)ー64(消費税)=9,136円

自己発送なら9,136円から送料を引いた金額、

FBAなら9,136円からFBA倉庫に送る送料と

倉庫から出荷するための手数料を引いた金額が利益になります。

 

例②、10,000円でDVDを販売する場合

10,000ー1500(販売手数料15%)ー120(消費税)ー140(カテゴリー成約料)=8,240円

 

同じ10,000円の商品でも1,000円ほど利益が変わってくるので

カテゴリーの確認は重要だと言えますね。

 

さらにFBAの場合、フルフィルメント費用というのがかかってきます。

これは商品ごとに違うのでその都度確認しなければなりません。

 

まとめ

 

販売手数料、カテゴリー成約料など各種手数料が多くて覚えるのが大変だ、

正確な利益を出すのが難しい、と思ったかもしれません。

 

ですが安心して下さい。

 

これらの手数料をすべて計算してくれるツールがあります。

それがFBA料金シミュレーターです。

 

FBA料金シミュレーターについては次の記事で詳しく解説していきます。

 

では、今回は以上です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Amazon 出品サービスに登録しよう!

Amazon 評価の重要性と獲得方法

Amazon 商品登録手順を1から解説!

Amazonアカウントの健全性・顧客満足指数を理解しよう!

せどり 自己発送?FBAとの違いとは?

Amazon 低評価への対処法