電脳せどり 無料ツールで効率化を!

 

どうも!アシダです(^^)

今回は電脳せどりをするうえでPCに入れておいた方がいいツールを紹介します。

 

どれも無料で使えるものなので順番に確認してみてください!

 

 

 

Google  Chromeの拡張機能

 

今回は電脳せどりを効率的に行うために必須の拡張機能を紹介します。

 

普段Google Chromを使っていない方は

まずブラウザのGoogle Chromeをダウンロードしましょう。

 

ダウンロードはこちらから

 

ダウンロードが完了したら

Chromウェブストアから拡張子を追加していきましょう。

 

Chromウェブストアはこちら

 

 

アマゾン商品ページにモノレートへのリンクを追加

 

Google Chrome.

 

Chromウェブストアを開くと上記のように表示されます。

 

左上の検索窓から拡張機能を検索できるので、

アマゾン商品ページにモノレートへのリンクを追加と入力しましょう。

 

Chrom

 

するとこのように出てくるので、

Chromに追加を選択すると完了です。

 

goo

 

追加が完了するとこのようにAmazon商品ページの

商品名の横にモノレートのリンクが追加されます。

 

これでモノレートのリンクへの移動が楽になりますね。

 

 

クローバーサーチB(アマゾン商品ページで価格比較)

 

 

この拡張機能を利用することで、

Amazonの商品ページで他サイトの価格比較ができるようになります。

 

商品ページの左下に上記の画像のように、

他のサイトの最安値が一覧で表示されるようになります。

 

商品を確認した時にここを合わせて確認するだけで、

Amazonより安いショップがあればその場で仕入れができるので

リサーチ時間の短縮ができるので非常に便利です(^^)

 

 

ショッピングリサーチャー

 

 

この拡張機能を利用することで、

Amazon商品ページにモノレートだけでなく、

Yahoo!ショッピング、ヤフオク、楽天、FBA料金シミュレーターなどに

1発で飛べるリンクが追加されます。

 

 

上記の画像の赤で囲った所にリンクがあるので、

必要な時に必要なものを利用できます。

 

仮にヤフオク等で商品の相場を調べようと思ったら、

新しくページを開いて、商品名を入力して、検索をかける、

この工程を省けるだけでもかなりの時間短縮ができますね(^^)

 

さらにFBA料金シミュレーターのリンクもあるので、

すぐに正確な粗利計算ができるのも便利です。

 

 

Keepa – Amazon Price Tracker

 

この拡張機能を利用することで、

・Amazonの価格変動履歴

 Amazon本体の在庫状況をグラフで確認

・価格のトラッキング機能

・出品者の増減をグラフで確認

これらの機能を無料で利用することができます。

 

どれも非常に便利な機能ですので、

順番に解説していきます。

 

価格変動履歴、Amazon本体の在庫状況グラフ

 

 

Keepaを導入するとAmazon商品ページの下部に

上記のようなグラフが表示されるようになります。

 

青い線がAmazonの新品商品の価格変動の線で、

オレンジの線がAmazon本体が在庫を持っていた時の価格です。

 

 

グラフにカーソルを合わせるとその時の新品の価格、

Amazon本体の価格が確認できます。

 

オレンジの線を見ていただくと、線が途中で途切れ途切れになっていて

最後には線がなくなっているのがわかるかと思います。

 

これは線が途切れたタイミングでAmazon本体の在庫がなくなったときで、

線が復活したタイミングでAmazonの在庫も復活したということです。

 

グラフの後半を見るとAmazonの在庫がなくなったタイミングで

新品の価格が上がっています。

 

このようにAmazon本体の在庫がなくなった商品

プレミア価格になりやすいのでチェクするようにしましょう!!

 

※中にはグラフにオレンジの線がないものもありますがそういった商品は

Amazon本体が販売していない商品ですので合わせて覚えておきましょう。

 

 

売れ筋ランキング

 

グラフの右の項目に売れ筋ランキングがあるので、

こちらをクリックするとグラフにランキングが追加されます。

 

 

ランキングは緑の線で表示されおり、

これもカーソルを合わせることで詳細を確認することができます。

 

モノレートと同じで下に波打ちがあったときの商品が売れて

ランキングが」良くなっているので、

モノレートの代わりとして利用することもできます。

 

残りの右の項目についても解説しておくと、

・中古 :中古商品のグラフが黒い線で表示できます。

・参考価格 :商品の定価もしくは参考価格を表示できます。

・New 3rd Party :自己発送の最安値(送料込み)を表示できます。

・Amazonによる配達 :FBA商品の最安値を表示できます。

Buy Box :カートを取得している価格(送料込み)を表示できます。

・中古品-非常に良い

 中古品-良い

 中古品-可 :それぞれのコンディションの最安値(送料込み)を表示できます。

・クローズアップビュー :オンにするとグラフの縦軸(金額)を見やすくできる

・期間 :期間別にグラフを表示できるようになる

 

 

価格のトラッキング機能

 

Keepaの中で有料級の機能がこのトラッキング機能です。

まず、価格のトラッキング機能について解説すると、

商品の価格が指定した価格になったときメールで通知を受け取ることができます。

 

左上の商品のトラッキングをクリックすると、

上記の画像のようにトラッキングの設定項目が出てくるので

ここから設定していきます。

 

左から順番にAmazon本体の価格、新品の価格、中古の価格を設定します。

価格は上のバー、もしくは数値を入力することで設定できます。

 

上のバーを利用すると差額が何%なのか確認できるので便利です(^^)

 

基本的にはAmazonが在庫切れを起こしていて、

在庫復活が見込める商品をトラッキングしていきましょう!

 

先ほどもお伝えしましたが、

Amazonが在庫切れを起こしている商品は定価越えしている商品がほとんどなので

そういった商品のAmazon在庫が復活したタイミングで通知を受け

Amazon本体から定価(Amazon本体は定価以上で商品を販売しない)

商品を購入し、定価以上で販売するということができます。

 

これはAmazon刈り取りという手法ですので覚えておきましょう!

 

※価格のトラッキング機能の注意点

商品に送料が設定されていたとしても、

送料を含まない価格で通知されてしまいます。

 

どういうことかと言うと、

トラッキングを2000円で設定していたとすると

送料込み2000円の商品はもちろん通知されますが、

2000円+送料の商品も通知されてしまいます。

 

ですので、新品(自己発送を含む)、

中古の商品をトラッキングする場合は注意が必要です。

 

>>複数のロケールでトラッキングする

 

価格の設定の下に複数のロケールでトラッキングするという項目がありますが、

これは海外のAmazonもトラッキングするために利用します。

 

海外Amazonから輸入を行なっている人が利用するもので、

国内せどりでは必要のない機能ですので補足程度に覚えておきましょう!

 

 

出品者増減の確認方法

 

Keepaでは先ほどのグラフに追加で出品者のグラフを表示させる機能があります。

右下の詳細な履歴データを表示をクリックすると、

グラフの下に出品者の増減のグラフが表示されます。

これを利用することで簡単に出品者の増減を確認できるので便利です。

 

右の項目について解説しておくと、

・新品アイテム数 :新品の出品者数の増減グラフで青い線で表示されます。

・中古アイテム数 :中古の出品者数の増減グラフで黒い線で表示されます。

・Rating :評価の星の数の平均

Review Count :レビュー数の推移

これらもうまく使いこなしていきましょう。

 

 

まとめ

 

今回紹介した拡張機能はどれも便利で、

無料で使えるものなので是非ダウンロードして使ってみてください。

 

こういったちょとした効率化をするとしないかで、

大きな差が生まれてくるので意識してみてください。

 

今回は以上です。

 

疑問点、不明点などございましたら、

お問い合わせフォームよりお気軽にご連絡下さい。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

FBA料金シミュレーターの使い方を徹底解説!

せどり 売上管理・価格改定を効率化! その名はプライスタ―!

電脳せどりツール フリマウォッチの使い方を解説!

せどり バーコードリーダーの使い方を解説!

せどり 検索ツール紹介!おすすめをまとめました!

モノレートの使い方を徹底解説!